Blog Entry (April 18, 2011, 1:25 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

モチベーションとマネジメントに関する10冊

随所でモチベーションについて言うことが多いが、自分の本棚からモチベーションという視点から組織におけるマネジメントやセルフマネジメントの理解に、あるいはマーケティングに役立ちそうなものをピックアップしてみた。モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか人はどういうときにモチベーションが高くなり、どういうときに低くなるのか、それによって効率はどう変わるのかがとてもわかりやすく説明されてい ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Nov. 26, 2010, 9:14 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

感情に嘘ついてるやつなんなの?

人生がつまらないという人の考え方は本当につまらないな。何のために生きるのかね。そういう人は胸を突き抜けるような熱い気持ちを持ったことはないのだろうか。自分の場合、自分の目標を決めるのはいつも感情だった。それも多分アイスホッケーをやってたからだと思う。高校に入ったとき、自分はトレーニングについて行くのも精一杯で、毎日やめたいと思っていた。でも同時に悔しいという感情があって、こいつらよりも努力してやる ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Nov. 17, 2010, 8:33 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

自分の可能性を知らない人は損だ

学生時代の友人や外で活動していて知り合った人の考え方は、自由に生き自己実現のために仕事をするという人が多かった。だからそれがスタンダードで、何かの「縁」で入社した会社に一生勤めるのは古い考え方だと思ってた。だって今は戦後の不安定な時代ではないし多くの日本人はマズローの自己実現論で言うところの安全の欲求は満たされている。中には「所属と愛の欲求」が満たされなかったり「承認の欲求」以上を求めない人もいる ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Nov. 13, 2010, 4:45 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

高いレイヤーに身を置けば加速度的に成長する。

人生とは加速度的である。周りを見渡せば、なぜそんなにも行動力があり成功しているのか不思議な人もいるし、逆になぜそんなにも無気力なのかと思う人もいる。人間一個体として生物的な差異はほとんどないにも関わらず、常時高いモチベーションを維持できる人と全くできない人の差が出てしまうのはなぜか。いくつかの要因はあるだろうが、自分はそれらをまとめて人生に置ける「レイヤー」と表現する。マズローの自己実現理論(欲求 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 24, 2010, 10:43 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

従属を嫌う ~Think different~

なぜ人は自分以外の何かに付き従うことに満足してしまうのだろうか。多くの場合その何かのために時間を奪われ、ストレスを感じているにもかかわらずそこに収まっている。結論を先に言ってしまえば、所属することで得る自尊心を得ること、あるいは何かに従っていることが楽だということだ。たとえ自分の所属している何かという環境が厳しいものであったとしても、成長できる機会を用意しているのはその何かであるのでそれは楽だ。楽 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 16, 2010, 8:23 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

マグレガーと社畜云々

経営学、特に組織論等を学ぶ人間にとってダグラス・マグレガーのX理論・Y理論は避けては通れないだろう。その概要はwikipediaでは次のようになっている。X理論:「人間は本来なまけたがる生き物で、責任をとりたがらず、放っておくと仕事をしなくなる」という考え方。この場合、命令や強制で管理し、目標が達成できなければ懲罰といった、「アメとムチ」による経営手法となる。Y理論:「人間は本来進んで働きたがる生き物で、自己 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 12, 2010, 9:32 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

抽象的な世界を具体化する

これは以前にも書いたことだが、多くのの日本人は義務教育を終えて高校に行き、大学を出て就職をするという道を歩む。それぞれの思い・夢に向かって要所要所で選択をする。 だがこの道から抜けるという選択をする人間は少ない。裕福な生活をしたければ有名大学を出て一流企業に勤め、その中で努力するというのが一般的な考え方だろう。 考えてみると人間も生物なのだから、他人と同じでいる必要はない。しかし知的な動物である ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 7, 2010, 12:14 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

好きじゃないと極められない、好きだけじゃ極められない。

楽しいこと、好きなことってのは誰にでもあると思う。はじめは単純に楽しいから続けていても、いつからかその分野では誰にも負けたくないって思うものだと思う。 そんなとき、それはただ単純に好きだけじゃ極められないと気づく。どんなことでも一番になろうと思ったら努力が必要になってくる。それは非常に厳しいことで、逃げたくなるときもたくさんある。 「楽しい」よりも「辛い」の方が多くなるかもしれない。でも極めるって ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (July 21, 2010, 1:12 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

mixi転載:世間の許し無しじゃ夢も追えないのかよ!

既に何人かの人はアップロードしたフォトにかかれたタイトルのこの言葉をみたと思うけど、今日はそのことについて書いてみる。 この間たまたまネットみてて見つけた画像なんだけど、ちょっと気になった。 絵:春原ロビンソンさん(http://mkn2.com/) 「世間の許し無しじゃ夢も追えないのかよ!」 たいていの日本人は与えられた教育のもと小学校・中学校・高校と、受験・あるいはエスカレーターによって上ってきた。そして自己実現 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Jan. 20, 2009, 11:33 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

アメブロ転載:いろいろなことに興味を持つことがひとつの道を究めることに

 ビジネスにしても学問にしても、アイディアを出すことが求められる機会が多いと思います。そんなとき多くの人は、ただ机にかじりついていてもアイディアは出てこないということを良く知っています。 私はやりたいビジネスプランや、研究したい学問のアイディアは、街を歩いているときやまったく分野の違う本を読んでいるときに出てくることが多いです。ただ、急にアイディアが出てくるはずもなく、たいていの場合頭の片隅に出したいアイディアのこと常に入っているのだと思います。 その頭の片隅に、出したいアイディアという枠組み ...

詳細を見る | 元の記事へ

アメブロ転載:いろいろなことに興味を持つことがひとつの道を究めることに