Blog Entry (May 14, 2016, 8:18 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

AnsibleでソースからPythonをインストールする

Ansibleを使ってCentOSにPython2.7.10をソースからインストールしてみたいと思います。今回はPythonですが、流用すれば他のライブラリのインストールにも使えると思います。 やりたいこと(コマンド) 大体やりたいことは下記の通りです。インストール先に/usr/local/、ソースの一時保存先に/var/tmp/を指定しています。 yum install gcc wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.10/Python- ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (April 20, 2016, 9:24 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

まっさらなVPS(CentOS6)からApacheを使ってDjangoを動かすまでのメモ

個人的に制作するサイトではVPSでDjangoを動かす事が多いです。これをAnsibleのplaybookにしようとしていますが、それをするにもひとまず作業をまとめておかなければならないので、(DBサーバーもwebサーバーもひっくるめて)1台でDjangoアプリを動かすときによく使う設定などをメモ程度に羅列しておきます。ある程度記憶を頼りに書いている部分があるので間違っているところがあるかも Note: 記述しているコマンドは適時sudoなどをつけている場合があります Note: Djang ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Feb. 28, 2016, 7:30 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

DjangoのPermissionモデルを利用してViewを制限する

DjangoにはPermissionというモデルがあり、Djangoのmodelを作成すると自動で生成されます。それによって管理画面では対応する権限を持つユーザーのみがテーブルデータを作成・更新・削除できるといった制限が可能です。今回はこのPermissionを使ってViewの制限をしたいと思います。 独自のPermissionを作る 既存のPermissionデータを使わずに新しく作ってみます。 ContentTypeの指定 Permissionモデルは外部キーとしてContent ...

詳細を見る | 元の記事へ

DjangoのPermissionモデルを利用してViewを制限する

Blog Entry (Jan. 31, 2016, 4:01 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

[小ネタ]JavaScriptでgetElementsByClassNameを書くのが面倒なので$clsにする

小ネタです。ご容赦ください。 大規模なJavaScriptであればjQueryやAngularJS・React.jsなどを使うと思いますが、簡単なページやちょっとしたテストで外部のライブラリを使うまでもない場合、DOM操作をするときは直接getElementsByClassNameやgetElementsByTagNameなどと書くことになり、面倒です。 とにかくgetElementsByClassNameが長い <div class='class1'> <div class= ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Dec. 17, 2015, 5:29 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

PythonからGSUtilを使ってS3のファイルをGCSにコピーする

Pythonを使ってs3からGoogle Cloud Storageにデータを移す際、以前下記の二つの方法を書きましたが、やはりgsutilを使うとs3から自分のサーバーを経由せずに直接Google Cloud Storageにコピーできるので便利です。 Python(boto)でAmazon S3にあるデータをGoogle Cloud Storageへコピーする Python(boto)からサービスアカウントとキーファイル(p12)を使ってGoogle Cloud Storageにアクセス ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Dec. 5, 2015, 9:01 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

【画像あり】BigQueryで150万円溶かした人の顔

※ 代役:プロ生ちゃん(暮井 慧) 巷のBigQueryの噂と言えば「とにかく安い」「数億行フルスキャンしても早い」などなど。とりわけ料金に関しては保存しておくだけであれば無視できるほど安く、SQLに不慣れなプロデューサーがクエリを実行しても月数ドルで済むなど、賞賛すべき事例は枚挙に暇がありません。 しかしこのタイトル。僕は約150万円分使いました。まずは関係各位に改めてお詫びを。これは「主婦でも簡単に稼げる」「今ならTポイントが貰える」という謳い文句で、実際には誰もが損をするリスクのあ ...

詳細を見る | 元の記事へ

【画像あり】BigQueryで150万円溶かした人の顔
【画像あり】BigQueryで150万円溶かした人の顔

Blog Entry (Oct. 28, 2015, 5:03 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

PythonからBigQueryを操作するときは BigQuery-Python が便利だった

Pythonから扱う場合いろいろな方法はあると思いますが、個人的にBigQuery-Pythonを使うことが多いので簡単にメモしておきます。 インストール $ pip install bigquery-python ドキュメント https://github.com/tylertreat/BigQuery-Python/blob/master/README.md 準備 以下の情報を取得しておきます サービスアカウント キーファイル(p12 or pem) プロジェクト名 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 23, 2015, 8:55 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Pythonのコードをコミットする前に必ず実行したい自動整形ツール

おそらく、まともなプロジェクトであればコードのフォーマットについて規約を設けているところがほとんどだと思います。Pull Requestの際にロジックではなくコードフォーマットについて指摘するのは、レビューする側にとってもされる側にとっても非生産的です。できる限りコミット前に自動的に整形するツールを利用したいです。 選択肢 Python の Lint (文法チェッカ) まとめ - flake8 + hacking を使う - ここにまとまっていました。 コミット前に実行したいツール ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Oct. 22, 2015, 6:13 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Python(boto)からサービスアカウントとキーファイル(p12)を使ってGoogle Cloud Storageにアクセスする

botoからGoogle Cloud Storageにアクセスする場合、s3との互換運用アクセスを有効にすることでアクセスキーとシークレットキーでアクセスすることが可能です。 http://qiita.com/itkr/items/d990e87a2540332ee0e5 ただしこの方法にはひとつ問題があります。互換運用アクセスで発行できるアクセスキーはGoogleユーザーアカウントにリンクされるため、複数人で行うプロジェクトでは不便です。そこでサービスアカウントとキーファイル(p12)でアク ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (July 8, 2015, 8:49 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Python(boto)でAmazon S3にあるデータをGoogle Cloud Storageへコピーする

Amazon S3(以下S3)にあるデータをRedShiftに入れるときなどは、同じAWSということもあり簡単に行えますが、BigQueryで同様のことをするとなるとやはりGoogle Cloud Storage(以下GCS)を経由するのが便利です。GCSはS3と互換性を持たせることが可能なので、それを利用してS3からGCSへの移行、またはその逆を行うことができます。 この記事はPythonとbotoを使ってそれを実現する方法について書いています。 考慮すべき代替案 コマンドライン上でコ ...

詳細を見る | 元の記事へ