Blog Entry (Nov. 30, 2019, 3:52 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

エディタ遍歴とLSP

僕が初めてソースコードというものを触ったのは小学生か中学生の時でした。それから現在までプライベートでコードを書いたり、仕事をしたりという中でこ使用しているエディタは変化してきました。今まではあまり「これだ」というものに巡り会えていなかったのですが、Language Server Protocol (以下LSP) の出現により、最近ようやく手に馴染むエディタが定まりつつあります。そこでエディタ遍歴を振り返りつつLSPについても少し触れたいと思います。 初めてのコード 僕が初めてコードを書いた ...

詳細を見る | 元の記事へ

エディタ遍歴とLSP

Blog Entry (Aug. 3, 2019, 12:11 p.m.)

Tilo Mitra's avatar

Google Cloud Functions (Python3) を使ってみた

Google Cloud Functions で Python3 が使えるということだったので使ってみました。実際のプロダクトで使うことも考えて、環境変数の扱い、ローカルでの開発についても説明しています。 なお、この記事はタスク管理にGitHubを使う一連の記事の中の一つです。 情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う Google Cloud Functions (Python) を使ってみた ← ...

詳細を見る | 元の記事へ

Google Cloud Functions (Python3) を使ってみた
Google Cloud Functions (Python3) を使ってみた

Blog Entry (July 28, 2019, 4:51 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Google Apps Script から Google Cloud Functions のHTTPトリガーを実行してみた

Googleフォームから Google Apps Script を介して Google Cloud Function の関数を呼び出す方法について書きます。 なお、この記事はタスク管理にGitHubを使う一連の記事の中の一つです。 情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う Google Cloud Functions (Python) を使ってみた GitHub App を作ってPythonからAPI ...

詳細を見る | 元の記事へ

Google Apps Script から Google Cloud Functions のHTTPトリガーを実行してみた
Google Apps Script から Google Cloud Functions のHTTPトリガーを実行してみた

Blog Entry (March 21, 2019, 5:47 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

GitHub App を作ってPythonからAPIを叩いてみた

現在タスク管理にGitHubのIssueとProjectを使っています。「情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った」でも書いたのですが、Googleフォームの入力から Google Apps Script を介して Google Cloud Function に置いてあるコードを実行し、そこからGitHubのAPIを叩いています。今回はGitHubのAPIを叩くために GitHub App を作成した話を書きます。 情シスのタスクをGitHubのissueで管理す ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (March 10, 2019, 6:34 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う

※ここでは「プロジェクト」をチームで達成する計画という意味で使っていて、「Project」をGitHubのカンバンツールという意味で使っています。 タスク管理にGitHubを使う一連の記事の中の一つです。今回はプロジェクト管理ツールを新たに導入しなくても、GitHubの機能を普通に使うだけで実はうまくいったという話です。 情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う ←ここ Google Cloud F ...

詳細を見る | 元の記事へ

プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う
プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う

Blog Entry (Feb. 25, 2019, 9:56 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った

最近兼業情シス始めました。そのときにタスク管理ツールを作ってなかなか捗ったのでその知見を残しておきます。いくつかの記事を書こうと思いますが、今回は概論的な話です。 情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った ←ここ プロジェクト管理ツールとしてGitHubを"普通に"使う Google Cloud Functions (Python) を使ってみた GitHub App を作ってPythonからAPIを叩いてみた Google Apps Script から Goo ...

詳細を見る | 元の記事へ

情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った
情シスのタスクをGitHubのissueで管理するようにしたら捗った

Blog Entry (Dec. 9, 2018, 8:56 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Pythonでエラー箇所を上書きしてしまわないようにする

Pythonで例外がが発生しそうな箇所で try して例外をキャッチし、ログを追加するなどビジネスロジックとは別の処理をしたあとに再び同じ例外を発生させたいときがあります。 このとき、 raise e のようにキャッチした例外をそのまま指定するコードを見かけますが、多くのケースでこれはあまり好ましくなく、何も指定しない raise とだけ書くことが好ましいです。 raise だけで同じ例外を発生させる事ができる 「Python文法詳解」には次のように書かれています。 except 節 ...

詳細を見る | 元の記事へ

Blog Entry (Dec. 5, 2018, 9:48 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

BigQueryで日付ごとに作られたテーブルを検索する Legacy SQL を Standard SQL に変換する

BigQueryで日付ごとに解析したいデータを入れるときの第一オプションは日付によるテーブルパーティショニングだと思います。しかし、テーブルパーティショニングの日付として扱えるフィールドがデータの中にない場合や、テーブルパーティショニングが公開される以前は table_20181206 のように日付の入ったテーブルを作成することがよく行われていました。 BigQueryではこのようなテーブルを作成すると、従来のコンソール画面では1UI上で日付のプルダウンが作成され、スキーマとプレフィックスが一 ...

詳細を見る | 元の記事へ

BigQueryで日付ごとに作られたテーブルを検索する Legacy SQL を Standard SQL に変換する

Blog Entry (Dec. 4, 2018, 9:08 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

Pythonで `light-progress` を使って進捗(プログレスバー)を表示

Pythonで進捗表示といえばtqdmが有名だと思いますが、今回はlight-progressというライブラリを紹介したいと思います。 特徴 light-progress は依存ライブラリを必要とせず軽量なライブラリを目指しており、Python2でも3でも動くようになっています。LinuxやMacではカラー表示に対応しており進行中・完了・エラー終了でそれぞれカラーが変わります。自分の環境では Jupyter Notebook でも動きました。 ただ light_progress というよ ...

詳細を見る | 元の記事へ

Pythonで `light-progress` を使って進捗(プログレスバー)を表示

Blog Entry (Nov. 24, 2018, 7:59 a.m.)

Tilo Mitra's avatar

JSON Schema による矛盾しないドキュメント作成の勧め

今の職場で働き始めてちょうど一年が経ちました。そこでとても幸運なことに、ある一つのサービスの開発に設計段階からかかわることができました。 そのサービスは大まかに分けるとWebアプリケーションのフロント部分(Vue.jsなど)・APIサーバー・データ処理サーバー・AIサーバーと分かれており、自分は主にAPIサーバーを担当していました。 APIサーバーはメタデータなどの保存の役割も持っており、フロント・データ処理サーバー・AIサーバーにそれぞれAPIの提供をしています。APIはREST(風)で提 ...

詳細を見る | 元の記事へ

JSON Schema による矛盾しないドキュメント作成の勧め
JSON Schema による矛盾しないドキュメント作成の勧め